電気技術者の技術力と資質の向上をサポートします。
平成27年9月号

関東支部 行事開催のご案内

「保護継電器の測定器機取扱い実技研修会」のお知らせ

- お陰様で、一回目、二回目とも満員になりました。-

日時 第1回 平成27年10月9日(金)10時00分~16時30分
第2回 平成27年10月28日(水)10時00分~16時30分
(1回目、2回目とも研修内容は同じです)

「東京湾アクアライン施設と道路管制センター」見学会開催のお知らせ

当見学会は、昨年度、多くの方に定員超過でお断りをいたしましたので今回、第2弾として、東日本高速道路(株)のご協力を得て「東京湾アクアラインの諸施設」と「道路管制センター」の視察会を計画いたしました。

9:00 出発 JR東京駅 鍛冶橋駐車場
10:00~10:30 海ほたる「技術資料館うみめがね」(概要説明)
10:40~11:20 アクアトンネル部 床板下 避難通路見学
11:30~12:30 海ほたる 昼食・自由時間
12:45~13:30 アクアライン浮島換気所 特高(変)見学
15:30~16:30 道路管制センター見学
17:00 JR大宮駅 解散
日時 平成27年10月30日(金) 8時50分~17時
集合時間 8時50分
集合場所 東京駅(八重洲南口) 鍛冶橋駐車場
(集合場所は、郵送の「参加証」に明記します)
定員 43名(申込み先着順)
会費 会員5,000円 会員以外7,000円(貸切バス代含む)
申込締切 平成27年10月23日(金)(定員に達し次第受付停止)
申込方法 下記の「行事参加申込手続きなど」を参照してください。

『電気設備技術基準の解説と最近の主任技術者関連法規の改正』講習会開催のお知らせ

本講習会では、電気設備に関する技術基準を定める省令(「電気設備基準」)と、この省令に定める技術要件を満たすことが期待される技術内容を示した「電気設備基準の解釈」について、詳しく具体的に解説いたします。 また、「電気設備基準」のみではなく、至近年に改正された「電気主任技術者に関連した法令」についても解りやすく解説いたします。

主な項目
○電気設備技術基準の改正の経過
○電気主任技術者制度に係わる改正
○電気設備基準・解釈の説明
講師は、「竹野正二」氏で「日本電気技術規格委員会(JESC)需要設備専門部会委員高圧分科会長」や「電気協会技術講習会講師」を担務しており、「電気関係法令」に関しての第一人者であります。講習会はテキストを配布し進めますが、「2015年版 電気設備技術基準・解釈」をお持ちいただくと、より一層理解が深まると思います。

日時 平成27年11月12日(木)10時00分~16時30分
場所 電気工事会館 7階(東京都中央区築地3-4-13)
地下鉄「日比谷線」築地駅下車、3番出口から徒歩3分
地下鉄「有楽町線」新富町駅下車 4番出口から徒歩5分
定員 40名
会費 会員3,500円、会員以外5,500円
サブテキスト:「2015年年版 電気設備の技術基準・解釈」、講習会参加者に限り
税込価格820円 (定価税込1,026円)で賦布します。
ご購入希望者は、申込書に「本購入」と明記して下さい。
申込締切 平成27年11月2日(月)
申込方法 下記の「行事参加申込手続きなど」を参照してください。

「シーケンス制御の体験実習」開催のお知らせ

この研修では、制御リレーの仕組みと構成を学び,「シーケンス制御図面」通りにモーターの起動・停止や運転状況の監視などいろいろな遠方制御回路を自ら組立てます。これらの組立てを体験することでシーケンス図の解読力が身についてきます。講師の東京電気技術教育センターの塚崎技術士による懇切丁寧な説明と共に、組立の仕上がりまで熱心にマンツーマンで指導していただけます。

主な内容は、次の通りです。
①制御機器の動作とその原理
②シーケンス図の見方及び読み方
③シーケンス回路の設計の仕方
④電動機のシーケンス制御回路配線実習
⑤交互運転制御など応用回路の実習
⑥簡単なトラブルシューティング

日時 平成27年11月27日(金)10時~16時30分
場所 東京電気技術教育センター(東京都江戸川区一之江 3-2-38)
・都営新宿線 一之江駅下車 徒歩5分
定員 20名
会費 会員5,000円、会員以外7,000円(昼食は各自負担)
申込締切 平成27年11月24日(火)まで
申込方法 下記の「行事参加申込手続きなど」を参照してください。

一般社団法人 日本電気協会 関東支部主催行事のご案内

平成27年度 系統連系講習会

直接「一般社団法人日本電気協会関東支部」へお申込み下さい。
当協会員は受講料が割引となっています。

日時 平成27年11月13日(金)10:00~17:00
場所 東京都電設工業厚生年金会館 2階(東京都新宿区大久保2-8-3)
定員 120名
会費 一般 7,000円
日本電気技術者協会 会員 6,000円
使用書籍 【別売】「系統連系規程」(JEAC 9701-2012) 4,752(税込)
※受講者が準備しご持参ください。ご購入を希望される場合は、申込書にその旨を記載の上、代金を受講料に加えてお申込み下さい。当日会場でお渡しします。
(当日会場では販売いたしません)
講習内容 ・系統連系規程の改定及びその経緯について
・系統連系規程の用語の解説、共通の事項
・低圧配電線、高圧配電線との連系要件
(スポットネットワーク配電線、特別高圧配電線との連系要件)
・電力会社との系統連系協議・手続きについて
講師 (一社)日本電気協会 技術講習会講師
東京電力株式会社
お申込み方法 ・「申込書」は(一社)日本電気協会 関東支部 TEL. 03-3213-1737
・[http://www.kandenkyo.jp]からも申込みできます。
※ホームページからの申込みは、専用事業所コード[ng04(エヌジーゼロ4)]と入力
入金確認後、受講票をお送りいたします。8月25日までにお振込み下さい。
お振込口座 ◇三井住友住友銀行/丸の内支店(普)38028
◇みずほ銀行/東京中央支店(普)1638073
口座名:(一社)日本電気協会 関東支部 [シャ)ニホンデンキキョウカイカントウシブ]
*振込手数料は「申込者」負担でお願いします。
お問合せ先 〒100-0006 東京都千代田区有楽町 1-7-1 有楽町電気ビル北館
(一社)日本電気協会 関東支部
TEL:03-3213-1737 FAX:03-3213-1746
その他 お申込いただいた受講料は返金いたしかねますが、代理の方のご出席は差し支えありません。
受講料を間違ってお振込みされた場合の返金手数料は申込者のご負担になります。

行事ご参加申込手続きなど

◎申込・連絡先
公益社団法人日本電気技術者協会 関東支部
住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-7-12 キャッスル池袋403号室
電話:03-6915-2135 FAX:03-6915-2136

*上記は1月17日以降の申込み先です
メールアドレス:info@jeea-kanto.com

◎お申込方法
ハガキ、ファックス、メールなどでお申込下さい
(記入事項)
○行事名
○ご連絡先(郵便番号、住所、氏名、電話番号、勤務先など)
○会費が必要な場合の支払い方法(①「当日現金」、②「銀行振込」)

◎会費支払方法
○当日現金の場合 受付で参加証に添えてお支払いください
○銀行振込の場合 参加証をお受取り次第、下記にお振込みして下さい


三井住友銀行 日本橋支店 695 普通預金 7265060
公益社団法人日本電気技術者協会 関東支部

新入会員勧誘のお願い

仲間を増やそう

会員のご紹介は、下記へご連絡ください。
会員をご紹介していただきますと、粗品(図書カード)を贈呈いたします。

◎公益社団法人 日本電気技術者協会
〒112-0004 東京都文京区後楽1-5-3 後楽国際ビル2階
TEL:03-3816-6151 FAX:03-3816-6823
メールアドレス jeea-honbu@jeea.or.jp

◎公益社団法人 日本電気技術者協会 関東支部
〒170-0013 東京都豊島区 東池袋 3-7-12 キャッスル池袋403号
TEL:03-6915-2135 FAX:03-6915-2136
メールアドレス:info@jeea-kanto.com

[詳細はこちらをご覧ください]



公益社団法人日本電気技術者協会の「入会案内書」は、関東支部へ必要部数をご連絡下さい。郵送いたします。
役員投稿入会案内関東支部 支部報
事務局へのお問い合わせ仲間を増やそう「入会のご案内」
所在地
〒170-0013
東京都豊島区東池袋 3-7-12
キャッスル池袋403号室
マップ
書籍のご案内
自家用電気設備のトラブル事例
日本電気技術者協会関東支部 編著
B5変判・326頁
定価3,132円(本体2,900円)
2012年11月末発売
※この予約注文書は書店ではお使いになれません。申込書をダウンロード印刷後、直接販売元オーム社へお申込みください。