電気技術者の技術力と資質の向上をサポートします。
平成30年9月号

関東支部 行事開催のご案内

「電力設備保全対策研修」のお知らせ ~事故事例に学ぶ保安管理の注意点~

 本研修会では、高圧電力設備に係わる事故・トラブルの事例を紹介しながら、それぞれの設備に対する注意事項等について、経験豊かな熟練技術者が長年培ってきた技術・ノウハウをもとに、分かり易く解説していきます。
 研修項目の主なものは次のとおりです。
1.電気事故統計から見た傾向と課題
      / 講師 一般財団法人関東電気保安協会  宇都 幸男氏
 ・波及事故の推移
 ・受電設備における電気事故件数の推移
 ・事故分析から見える傾向と課題
2.事故事例紹介と対策 / 講師 一般財団法人関東電気保安協会
               総合技術センター課長 小野 賢司氏
 ・代表的・特異な事故事例
 ・鳥獣侵入の事故事例
 ・近年における特徴と課題
3.電気設備の保全技術 / 講師 一般財団法人関東電気保安協会
               総合技術センター所長 碓氷 昭司氏
 ・事故対応から予防保全へ
 ・予防保全技術の進歩について
 ・新技術の保安管理への導入

日時 平成30年9月26日(水) 10時00分~16時30分
場所 電気工事会館 7階 大講堂(中央区築地3-4-13)
(地下鉄日比谷線「築地駅」下車徒歩3分)
定員 40名(申込先着順)
会費 会員 4,000円  会員以外 6,000円
申込方法 下記の「行事ご参加申込手続きなど」を参照してください。
  <*当研修は、自己研鑚努力証明研修科目(技術4)に該当します>

「高圧受電設備の操作・保守体験実習」のお知らせ

 本研修会では、まず、受電設備の実物と単線結線図から機器の配置と役割を解説します。次に、受電設備に使用されている各種の開閉器や遮断器の「投入」「開放」の操作の体験や保護継電器動作の様相と復帰などをしていただきます。
 また、過電流を流したときの電線への影響実験や耐圧試験器での絶縁物の耐圧限度測定などを行ないます。見て、動かして、機器操作の体験やさまざまな実験などから、電気そのものを理解し、自身の安全確保の礎になるような研修です。カメラをご持参いただけますと記録に残せます。
 講師は、東京電気技術教育センター代表の塚崎秀顕氏です。

日時 平成30年10月2日(火)10時~16時50分
場所 東京電気技術教育センター(東京都江戸川区一之江3-2-38)
・都営新宿線 一之江駅下車 徒歩5分
(参加証に「ご案内図」を添付します)
定員 20名(申込先着順)
会費 会員 5,000円  会員以外 7,000円
申込方法 下記の「行事ご参加申込手続きなど」を参照してください。
  <*当研修は、自己研鑚努力証明研修科目(技術3)に該当します>

「保護継電器の取扱い実技研修」のお知らせ

 本研修会では、受電設備に取り付けられている保護継電器の動作試験を体験し、試験装置や試験の方法に慣れていただくことを主眼に置いた研修会です。
 最初に、保護継電器の原理・特性・取扱いを解説し、その後、各班に別れ、各種継電器の測定試験を繰り返し行い「保護継電器試験器」や「位相特性試験器」の取り扱い方を会得します。また、測定器の取扱以外に継電器のタップ整定などについても学ぶことができます。
 また、試験装置器の内部回路と被試験器継電器への結線など、黒板に図面表示し、詳しく説明いたします。カメラを持参されると記録に留めることができます。
主な継電器試験
(1)過電流継電器(OCR)
(2)地絡継電器(DGR)
(3)GR付きPAS及びUGS
試験装置に多く触っていただくため、少人数の班編成で実技を行います。

日時 平成30年10月17日(水)10時~16時50分
場所 東京電気技術教育センター(東京都江戸川区一之江3-2-38)
・都営新宿線 一之江駅下車 徒歩5分
(参加証に「ご案内図」を添付します)
定員 20名(申込み先着順)
会費 会員 5,000円  会員以外 7,000円
携行品 筆記用具、定規、電卓、軽作業用着
申込締切 本研修は既に定員となったため申込終了となります。
キャンセルが出る場合がありますので、事務局までお問合せ下さい。
申込方法 下記の「行事ご参加申込手続きなど」を参照してください。
  <*当研修は、自己研鑚努力証明研修科目(技術3)に該当します>

「比率作動継電器の仕組みと特性試験研修会」のお知らせ

 比率作動継電器は、変圧器の内部故障の検出に用いられる保護継電器で、特別高圧の変圧器の故障検出には必ず用いられています。
本研修会では、この比率作動継電器の原理と仕組みをしっかり理解していただき、変圧器の結線方法によって異なる変流器二次回路についても詳しく解説していきます。
実際の比率作動継電器の特性試験も行い、初歩的なことから解説するので、初心者の方でも十分に理解できます。講師は、東京電気技術教育センター代表の塚崎秀顕氏です。
研修項目の主なものは次のとおりです。
(1) 比率作動継電器の原理と仕組み
・変圧器内部の故障検出に用いられる比率作動継電器について、変圧器の結線方法により異なる変流器二次回路に関しても解説
(2) 比率作動継電器の特性試験

日時 平成30年11月6日(火) 10時00分~16時50分
場所 東京電気技術教育センター(東京都江戸川区一之江3-2-38)
・都営新宿線 一之江駅下車 徒歩5分
(参加証に「ご案内図」を添付します)
定員 30名(申込先着順)
会費 会員 5,000円  会員以外 7,000円
申込締切 開催日の1週間前
申込方法 下記の「行事ご参加申込手続きなど」を参照してください。
  <*当研修は、自己研鑚努力証明研修科目(技術3)に該当します>

「PAS(UGS)の操作体験と地絡、短絡時の動作原理研修」のお知らせ

 高圧気中開閉器(PAS)や地中線用ガス開閉器(UGS)は、「高圧自家用電気工作物」の事故による波及停電を防止する最も有効な手段として、設置されています。
 また、構内にPASまたは、UGSが取り付けてない場合は、構内以外の事故なのに遮断機がトリップして停電(もらい事故)を招くこともあります。
 本研修会では、地絡方向継電器(DGR)の原理及びPAS(UGS)の動作特性を徹底的に勉強し、電力側電源との動作協調などの理解を深めていただきます。
 東京電気技術教育センター代表の塚崎秀顕氏の懇切丁寧な指導の下で、座学のみではなく、実際のPASやUGSの操作や動作確認等を体験していただきながら進めます。

日時 平成30年11月26日(月)10時~16時50分
場所 東京電気技術教育センター(東京都江戸川区一之江3-2-38)
・都営新宿線 一之江駅下車 徒歩5分
定員 30名(申込先着順)
会費 会員 5,000円  会員以外 7,000円
申込締切 開催日の1週間前
申込方法 下記の「行事ご参加申込手続きなど」を参照してください。
  <当研修は、自己研鑚努力証明研修科目(技術3)に該当します>

「陸上自衛隊施設学校(勝田駐屯地)及び工場見学」のお知らせ

 今回、陸上自衛隊の施設学校を訪ねます。国内では自然災害発生時における“災害派遣”で活躍している主軸職種及び国際平和協力活動(PKO)や能力構築支援(土木・器材等の教育をして他国軍人の能力向上を支援)という新しい形の活動パイオニアである学校を視察します。
 第2部では、明太子の工場見学を行ない、試食もお楽しみいただけます。
【行程】
7:45 出発 JR池袋駅 東京芸術劇場
  水戸南IC
10:00~ 駐屯地見学
14:00~ 工場見学
  大洗IC
18:30 解散 JR池袋駅
日時 平成30年11月27日(火)7時45分~18時30分
集合場所 JR池袋駅西口 東京芸術劇場
7時40分集合(厳守)
会費 会員 6,000円 会員以外 8,000円
定員 定員40名(申込先着順)
申込締切 平成30年11月6日(火)(定員になり次第締切り)
申込方法 下記の「行事参加申込手続きなど」を参照してください。

「横浜火力発電所及び東京ストロベリーパーク見学会」のお知らせ

 東京電力フューエル&パワー(株)さまのご厚意により、「横浜火力発電所」及び「東京ストロベリーパーク」の施設を見学いたします。現在、同発電所は、1~4号機を廃止、5~7号機を平成28年度より長期計画停止中、7~8号系列の1300℃級改良型コンバインドサイクル発電(定格出力150.8万kW、設計熱効率55.8%)のみ運転中。
 さらに、同発電所構内にある「東京ストロベリーハウス」は、本年4月に 首都圏で初めて1年中いちご狩りを楽しめるいちごハウスとしてオープン。 東京電力フューエル&パワー(株)では、エコファーム事業として本施設を 運営し、初年度に約2億円の売上を目指すと共に、エネルギー利用と最先端技術を融合させた新たな事業領域に進出し、収益拡大に努めている。
【行程】
8:30 出発 JR池袋駅 東京芸術劇場
10:00~11:30 東京ストロベリーパーク(視察)
11:30~13:00 ストロベリーパークビュッフェレストランにて(昼食)
13:00~14:30 横浜火力発電所(視察)
16:00 着 JR池袋駅 解散
日時 平成30年12月11日(火)8時30分~16時00分
集合場所 JR池袋駅西口 東京芸術劇場
8時20分集合(厳守)
会費 会員6,500円、会員以外8,500円(昼食代込み)
定員 定員40名(申込み先着順、定員になり次第 締め切り)
申込締切 12月4日(火)キャンセル料が発生しますのでご注意下さい。
申込方法 下記の「行事参加申込手続きなど」を参照してください。

「シーケンス制御の基本と回路配線の体験実習」のお知らせ

本研修会では、制御リレーの仕組みと構成を学び、「シーケンス制御図面」通りに遠方制御回路を自ら組立てます。モーターの起動・停止や運転状況の監視などいろいろな遠方制御回路の組立てを行うことで「シーケンス図の解読力」が身につきます。
 懇切丁寧な説明と共に、組立に際しては、マンツーマンで指導していただけます。
 講師は、東京電気技術教育センター代表の塚崎秀顕氏です。

日時 平成30年12月20日(木)10時~16時50分
場所 東京電気技術教育センター(江戸川区一之江3-2-38)
・都営新宿線 一之江駅 徒歩5分
会費 会員5,000円、会員以外7,000円(昼食は各自負担)
定員 20名(申込先着順)
申込締切 開催日の1週間前
申込方法 下記の「行事ご参加申込手続きなど」を参照してください。
  <*当研修は、自己研鑚努力証明研修科目(技術3)に該当します>

行事ご参加申込手続きなど

◎申込・連絡先
公益社団法人日本電気技術者協会 関東支部
住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-7-12 キャッスル池袋403号室
電話:03-6915-2135 FAX:03-6915-2136
メールアドレス:info@jeea-kanto.com

◎お申込方法
ハガキ、ファックス、メールなどでお申込下さい
(記入事項)
○行事名
○ご連絡先(郵便番号、住所、氏名、電話番号、勤務先など)
○会費が必要な場合の支払い方法(①「当日現金」、②「銀行振込」)
*ホームページ「https://z110.secure.ne.jp/~z110024/form/index.html」からも申込みできます。
受付後、「参加証」を郵送いたします。
[郵送・ファクス用 行事申し込み書はこちら]

◎会費支払方法
○当日現金の場合 受付で参加証に添えてお支払いください
○銀行振込の場合 参加証をお受取り次第、下記にお振込みして下さい


三井住友銀行 日本橋支店 695 普通預金 7265060
公益社団法人日本電気技術者協会 関東支部

新入会員勧誘のお願い

仲間を増やそう

新入会員紹介者への顕彰等

(1) 新入会員紹介者へ「粗品」の贈呈
・新入会員が「正会員」の場合 図書券(2,000円)
・新入会員が「維持会員」の場合 図書券(4,000円)
(2)会長名による表彰
・紹介会員が10名以上に達し、その時点で会員として10名以上所属している場合、感謝状をもって顕彰
*維持会員の場合は、「1口数」につき2名

会員のご紹介は、下記へご連絡ください。

◎公益社団法人 日本電気技術者協会
〒112-0004 東京都文京区後楽1-5-3 後楽国際ビル2階
TEL:03-3816-6151 FAX:03-3816-6823
メールアドレス jeea-honbu@jeea.or.jp

◎公益社団法人 日本電気技術者協会 関東支部
〒170-0013 東京都豊島区 東池袋 3-7-12 キャッスル池袋403号
TEL:03-6915-2135 FAX:03-6915-2136
メールアドレス:info@jeea-kanto.com

[詳細はこちらをご覧ください]



公益社団法人日本電気技術者協会の「入会案内書」は、関東支部へ必要部数をご連絡下さい。郵送いたします。
役員投稿入会案内関東支部 支部報
事務局へのお問い合わせ仲間を増やそう「入会のご案内」
所在地
〒170-0013
東京都豊島区東池袋 3-7-12
キャッスル池袋403号室
マップ
書籍のご案内
自家用電気設備のトラブル事例
日本電気技術者協会関東支部 編著
B5変判・326頁
定価3,132円(本体2,900円)
2012年11月末発売
※この予約注文書は書店ではお使いになれません。申込書をダウンロード印刷後、直接販売元オーム社へお申込みください。