電気技術者の技術力と資質の向上をサポートします。
年度計画

平成26年度事業活動計画

1.はじめに

現在、わが国は東京オリンピックの誘致や経済の回復基調など、社会経済情勢に明るい兆しが見えてきており、あわせて大震災からの復興に向けた取り組みが国をあげて実施されています。
一方、原子力発電所の長期停止に伴う電力供給構造の変化とともに、小売全面自由化や発送電分離を含めた電力システムの改革も進められており、電気安全、電気保安の果たす役割と社会の期待は、ますます大きなものがあり、私たち電気技術者には”安全・安心”な電気を守り続ける使命が従来以上に大きく課せられております。
このため平成26年度の事業計画にあたっては、事業計画を精査し、業務全般のスリム化を図りつつ、引き続き「会員の技術力・知識の向上に役立つ事業、電力保安・安全確保に必要な情報を提供する事業、会員相互の交流の場を提供する事業」など会員サービスの実質的な充実を通じて、公益社団法人として社会に役に立つ事業を進めてまいります。
さらに、会員数の減少に歯止めをかけ会勢回復を図っていくため、本部と協調しつつ、維持会員などへ協会活動の積極的なPRと行事への参加案内及び、諸行事参加者等へ会員紹介のお願いなど、あらゆる機会を通じた入会の勧誘活動を展開していきます。
主な事業計画は以下の通りです。

2.主な事業計画

当関東支部は、公益を目的とした「技術向上事業」、「技術相談事業」、「技術周知事業」を主体に事業を展開する。

a.技術向上事業
電気主任技術者に対する講演会、講習会・研修会、施設見学の開催。

a-1 自家用電気工作物設置者及び電気主任技術者セミナー
経済産業省関東東北産業保安監督部との共催をお願いするとともに、一般関係団体の協賛を得て開催し、会員ならびに電気技術者の保安技術向上を図る。

a―2 電気安全講演会
一般財団法人 関東電気保安協会並びに公益社団法人 東京電気管理技術者協会主催の「電気安全講演会」に協賛。

a―3 電気技術講習・研修会
受電設備の保守・制御技術や電気関係法規並びに新技術などの実務に直結したテーマを主体に進める。

a―4 施設見学会
電気設備機器の製造現場、再生可能エネや省エネなど取扱い現場など新技術関連の見学会を主体に進める。

a―5 地区実施研修会
支部内の各地域において、電気技術者の技術力向上に資する研修や施設見学会などを各地区で企画し実施する。

b.技術相談事業
支部内に技術相談窓口を設置して技術相談を受け付ける。

c.技術周知事業
研修会や講習会の開催周知及び新年の集いや支部大会後の懇親会など技術交流会の場を提供。

 

主な実施項目は、下表の「平成26年度主な事業計画」の通り。


平成26年度 主な事業計画

(平成26年9月5日現在)

分類 行事内容 募集数 参加数 実施予定

自家用電気工作物設置者及び電気主任技術者セミナー

主催
・経済産業省 関東東北産業保安監督部
・公益社団法人日本電気技術者協会 関東支部

協賛
・一般財団法人関東電気保安協会
・公益社団法人東京電気管理技術者協会

開催場所10会場
・千葉地区 ・東京地区(2/23) ・神奈川地区(2/25)
・山梨地区 ・茨城地区・埼玉地区
・多摩地区・群馬地区 ・沼津地区
・栃木地区

対象者
自家用電気工作物設置者および電気技術者

参加
無料

講演内容
・電気保守・保安関係の講演
・電気技術関係 の講演
など

4000   27年 2月~
27年 3月
電気安全講演会 700 660 8月6日
研修会 (1) 高圧需要家の短絡保護と動作時対応研修 40 29 6月25日
(2) 自家用電気設備のトラブル対応事例講習会 40 62 7月11日
(3) 太陽光発電技術講習会 40 61 7月25日
(4) 系統連系技術研修会 30 46 8月13日
(5) 「太陽光発電アドバイザー」講習会 40 39 8月21日
(6) 高圧受電設備の操作・保守体験実習(第1回) 16 22 9月9日
高圧受電設備の操作・保守体験実習(第2回) 16 22 9月16日
高圧受電設備の操作・保守体験実習(第3回) 16   11月27日
(7) 保護継電器の取扱い実技研修(第1回) 16 22 10月1日
保護継電器の取扱い実技研修(第2回) 16 12 10月22日
(8) 電気設備技術基準の解説と最近の主任技術者関連法規の改正 35 20 10月9日
(9) 高・低圧の地絡保護の整定と動作時対応研修会 35   11月5日
(10) シーケンス制御の体験実習 15   11月19日
(11) シーケンサー制御の体験実習 10   12月3日
(12) 対称座標法の基礎とその応用研修 30   1月21日
(13) PAS(UGS)と地絡方向継電器の動作とその原理講習会 30   2月4日
(14) 高・低圧の電気設備の雷害予防研修会 35   H27年2月
見学会 (1) 保護継電器機器メーカー光商工 20 23 6月5日
(2) (独)産総研太陽光発電工学研究センターと高エネ加速器研究機構 35 43 9月2日
(3) 大規模地下変電所と地域冷暖房プラント 35 42 9月26日
(4) 東京湾アクアライン施設と岩槻道路管制センター 35   10月28日
(5) 電気設備機器製造工場 35   11月
(6) 省エネ等の研究施設 35   12月
(7) 省エネ取組の施設 35   H27年1月
地区研修会 ○次の各地区毎に、地区事業運営委員会の下で企画・実施
・東京地区(6/23)
 柏崎・刈羽原子力(参加41名)
・栃木地区
・群馬地区
・茨城地区
・埼玉地区
・千葉地区
・多摩地区
・神奈川地区
・山梨地区
・沼津地区
130   26年6月

H27年3月
役員投稿入会案内関東支部 支部報
事務局へのお問い合わせ仲間を増やそう「入会のご案内」
所在地
〒170-0013
東京都豊島区東池袋 3-7-12
キャッスル池袋403号室
マップ
書籍のご案内
自家用電気設備のトラブル事例
日本電気技術者協会関東支部 編著
B5変判・326頁
定価3,132円(本体2,900円)
2012年11月末発売
※この予約注文書は書店ではお使いになれません。申込書をダウンロード印刷後、直接販売元オーム社へお申込みください。